ことわざ

日記に書いていたことわざが増えてきたので、まとめてみました。

稽古に神変あり(けいこにじんぺんあり) 物事の習得に一生懸命取り組めば、人間の力を超えた境地に達するものだ
踏まれた草にも花が咲く 逆境にある人でも、いつまでもそのままではなく、栄えることがきっとある
一姫二太郎(いちひめにたろう) 最初に産むのは女の子で、次は男の子、という“子供を産んで育てる順番”
情は人の為ならず (めぐりめぐって己がため)
(なさけはひとのためならず)
他人に情をかけることは、めぐりめぐっていつかそれが自分の為になる
美しいも皮一重(うつくしいもかわひとえ) 皮一枚剥げば美人もどくろ

雨垂れ石を穿つ(あまだれいしをうがつ) 小さな力でも、根気強く続けていれば、やがて成功する
渡りに舟(わたりにふね) 何かをしようとした時に好都合なことが起こること
虻蜂捕らず(あぶはちとらず) 同時に二つのことにチャレンジしても、結局どっちもうまくいかない
天網恢恢疎にして漏らさず(てんもうかいかいそにしてもらさず) 悪いことをした人は、遅かれ早かれ必ず天罰を受ける
にっちもさっちもいかぬ どうにもこうにも身動きがとれない、事が進まない

三つ子の魂百まで(みつごのたましいひゃくまで) 小さな頃の性格や考え方は、百歳まで、つまり生涯変わることはない
朝茶はその日の難逃れ(あさちゃはそのひのなんのがれ) 朝起きてお茶を飲めば、その日一日災難から逃れて過ごせる
湯を沸かして水にする じつに無駄なこと
連木で腹切る(れんぎではらきる) できないことをする
鴨が葱を背負ってくる(かもがねぎをしょってくる) 人のいい相手が都合のいいものまで持ってくる、うまい話や好都合が重なること

下手の道具選び(へたのどうぐえらび) 下手な人間に限って、あれやこれやと道具に凝ったり、うるさく言うものだ
羹に懲りて膾を吹く(あつものにこりてなますをふく) 前の失敗に懲りて、必要以上に用心をしてしまうこと
猿の尻笑い(さるのしりわらい) 自分の欠点をかえりみないで他人を笑うこと
悪事身に返る(あくじみにかえる) 悪いことをすると、最後は自分に返ってきて苦しむことになる
餅は餅屋(もちはもちや) 物事はそれぞれの専門家に任せたほうがいい

子孫に美田を残さず(しそんにびでんをのこさず) 財産を子孫や孫のために残すと、独立心を失わせてしまうから、財産を残すのはよくない
和を以って貴しとす(わをもってとうとしとす) みんな仲良く穏やかにやっていくことが大切
親の意見と冷酒は後で効く(おやのいけんとひやざけはあとできく) 親の説教は時間が経過してから、その意見のありがたさが身にしみる
朝の来ない夜はない 事態はいつか好転する
猿猴が月(えんこうがつき) 無謀この上ない高望みをすると、痛い目にあったり失敗に終わる

遠きは花の香(とおきははなのか) 遠くのものはよいものに思われる。反対に身近にあるものは、軽視してしまいがちである
流水は腐らず(りゅうすいはくさらず) 常に活動しているものには沈滞や腐敗がない
備えあれば患いなし(そなえあればうれいなし) 普段から非常の際の準備をしていれば、いざというときにも心配はない
武士は食わねど高楊枝(ぶしはくわねどたかようじ) 貧しさや困難にぶつかっても、気位を高く持つ
塞翁が馬(さいおうがうま) 幸不幸のたびに喜んだり悲しんだりすることはない

人を呪わば穴二つ(ひとをのろわばあなふたつ) 人に害を与えようとすれば、やがては自分にもそれが返ってくる
人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し
(ひとのいっしょうはおもにをおうてとおきみちをゆくがごとし)
人生には努力と忍耐が必要である
冬来たりなば春遠からじ(ふゆきたりなばはるとおからじ) たとえ今は不幸でも、それは長くは続かない。やがて明るい希望が見えてくる
貧者の一灯」(ひんじゃのいっとう) 心のこもった行為こそ尊い
深い川は静かに流れる 真に実力のある者は落ち着いていて騒がない。思慮深い人は冷静沈着である

得を取るより名を取れ 金銭の利益よりも人としての名誉を大切にせよ
石に立つ矢(いしにたつや) 一念を持って行えば、たいがいのことはできる
長者に二代なし(ちょうじゃににだいなし) 金持ちの子は甘やかされて育てられ、ろくな人間にならないので二代目で富を失ってしまう
人はパンのみにて生くるにあらず 人は、物質的な満足だけのために生きているのではない。精神的な満足を得るためにこそ生きるべきである
災いを転じて福をなす(わざわいをてんじてふくをなす) 悪いことがあってもくじけず、逆にそれをうまく利用して幸せにかえるように努力すること。

仇を恩にして報じる (あだをおんにしてほうじる)

非道な仕打ちを受けてもその相手に恨みを残さず、逆に情けを掛けることを言う。